インプラントにも適正があるようだ

虫歯で通っていた歯医者さんから勧められたわけではありませんが、「インプラント」という選択肢を提案されたワタクシですが、「硬いものでもしっかり噛めて食事を美味しく味わえる」、「自然で綺麗な仕上がり」といったインプラントのメリットにかなり惹かれています。と言うことで本腰を入れてインプラントにトライすべく、インプラントのデメリットについても色々と勉強することにしました。

やはり魅力溢れるインプラントもメリットだけではなく、デメリットも伴うそうです。しかも、審美歯科の歯科医によると、「希望する誰もがインプラントを受けられるわけではありません」とのこと。

「費用が高額過ぎて治療代が払えずに諦めざるを得ないってことですか?」「まあ確かにインプラントは高額治療にあたりますから、そういう患者さんもいらっしゃるかも知れませんけど。適正検査を受ける必要がある眼のレーシック手術みたいに、インプラント治療が合わない方、できない方もいらっしゃいます」

え?インプラントが完璧だと思っていたわけではありませんが、適性があるとは知りませんでした。だって入れ歯の適正検査とかなかったし。あ、でもブリッジは12本の欠損歯を補うのにしか使えない、とかやっぱり条件によって選択肢は限られてくるようです。「もっと詳しく調べなくっちゃ。インプラントのこと」次回からはインプラントのデメリットや適性について詳しくお話したいと思います。

国分寺市 歯医者